湯葉と揚げの炊き込みご飯


炊き込みご飯に揚げを入れるのは、普通なのでしょうが、湯葉ってどうなると思いますか?
だし汁はしっかりと濃い目を用意して、揚げと湯葉をどーんと入れて、味付けして炊いてみて下さい。しっとりしていておいしいですよ。
湯葉がつるんとした食感で、ご飯に合うのです! ぜひぜひ一度は作ってみてほしい湯葉料理です。
揚げは、京都では定番の薄い揚げを! ものによっては、カラカラに乾いているのもありますが、私の好みはしっとりしていて、油が手につくくらいのがいいです。

ちなみに湯葉、普通に食べるならわさびと醤油で、お刺身みたいにいただくのが好きです。

【材料 2合分 4人分】

米    2合
だし汁    360ml
湯葉    50g
薄揚げ    1枚(50g)
薄口醤油    大さじ2
みりん    大さじ1

※だしは水1Lに、昆布10gと鰹節10gで取っただし汁をと用います。

【作り方】

1.    お米をだしに浸す
米を研いで、水気を切ります。炊飯器の内釜に、水気を切った米とだし汁を入れて、30分浸しておきます。

2.    揚げと湯葉を切る
揚げと湯葉を薄い短冊状に切ります。

3.    ご飯を炊く
内釜から小さじ2のだしを取り除き、薄口醤油と塩を加え、ひと混ぜしたら、【2】の揚げと湯葉をのせ、普通に炊きます。

4.    できあがり
炊きあがったら、混ぜて、いただきます!