作成途中のおから味噌


おからでも味噌が作れるらしい、ということで仕込んでみました。自己流なので、半年後に成功するか失敗するか、どうなのかというところではあります。おから味噌は早くできる、まろやかな味わいうという前評判があるので、麹を麦麹にしてみました。というのは、麦麹だとまろやかな味噌ができるので、おからとの相乗効果でよりまろやかになったらいいな、という願いを込めて麦麹を選んでみました。

半年後、どうなっているのかはお楽しみです…。

材料 約1.5L分

おから 600g
生の麦麹 300g
塩 100g
白湯 150ml
ホワイトリカ―(35度の焼酎) 少々

作り方

1. 麦麹と塩を混ぜる
ボウルに麦麹と塩を入れ、よくすり混ぜます。

おからみそ

2. おからを加熱する
普通のおからは煮絞りで作るので、加熱済みのはずです。私の手元にあるおからは、生絞りで作ったものなので、おからが生の大豆から豆乳だけ抜いた状態です。なので、10分ばかり強い蒸気で蒸します。

おから

3. おからと麹を混ぜ合わせる
おからと【1】の麹と塩をよく混ぜ合わせます。混ぜ合わせたものを団子状に丸めたとき、パサつくようなら白湯を足します。結果的に150mlの白湯を足しました。

おからみそ丸め

4. 容器に仕込む
容器に焼酎をふきかけて、殺菌します。【3】を団子状に丸め、容器のそこへ詰めていきます。入れるときには、つぶして、空気が入らないようにしていきます。全部入ったら、表面を平らにならします。表面に再度焼酎をふきかけて、ラップで蓋をしたら、重しをして、蓋をします。この状態で3か月~半年置いておきます。ちなみに重しは袋にいれた塩で代用しています。

おからみそ仕込み

5. できあがりは半年後に報告予定です…