里芋の含め煮

里芋の含め煮

おせちでもおなじみ、里芋の含め煮は、薄目に味付けした煮汁にじっくり浸して味を含めて作ります色白に仕上がった里芋は口に含むとやさしいだしの味が広が り、なんとも味わい深い一品です。

ところで、なぜおせちに里芋かというと、里芋は子孫繁栄の縁起物だからです。里芋の畑で芋を掘ると、親芋に、子芋、孫芋と、芋の子どもたちがわらわらとくっついてきます。その様子が縁起がいい、ということなのですね。。

材料 2人分

里芋 400g (小芋なら6~8個)
だし 2カップ
砂糖 大さじ1
塩 小さじ1/2
みりん 大さじ2
薄口醤油 小さじ1
柚子 柚子の皮適宜

 

作り方

1:里芋はたわしで泥汚れを落としたら、皮をむきます。大きさはなるべくそろうようにし、芋が大きい場合は半分に切ります。余裕があれば六角むきにします。

2:切った里芋をボウルに入れ、塩でよくもみ洗いします。
小鍋に里芋とかぶるくらいの米の研ぎ汁を入れて火にかけ、沸騰したら4分ほどゆで、ざるにあけてしっかりとぬめりを洗い落とします。

3:小鍋にだし汁と里芋を入れて火にかけ、煮立ったら弱火にして里芋に火が通るくらい(約8分)煮ます。

4:みりんと砂糖を加え、2~3分煮て甘みを含ませてから、塩と醤油を加えます。
ペーパータオルを落し蓋代わりにかぶせて弱火で4分、芋が柔らかくなるまで煮ます。
火はごく弱火にします。強すぎると芋が煮崩れしてしまいます。

5:火を止めて、そのまま冷ましながら煮汁に2~3時間ほど浸けて味を含ませます。器に盛り付けて、柚子の皮の千切りを散らしてできあがりです。