焼きそら豆の作り方

焼きそら豆

最近すっかりメジャーな食べ方になった焼きそら豆。そら豆を莢ごとグリルなどで焼くことで、そら豆を蒸し焼きにして火を通す食べ方です。

焼きそら豆を作るとき、心掛けてほしいことがひとつ。それは、食べる直前に焼いて、焼いたらすぐ食べること。莢がアツアツなので、むくのが大変かもしれませんが、この香ばしい味わいは焼きたてでないと楽しめません。莢は食べられませんが、そら豆の皮はお好みで食べてもおいしいです。

 

準備するもの

そら豆 5-10莢
塩 少々
グリル

 

作り方

そら豆を焼く1: そら豆をグリルに並べて、強火で焦げ目がつくまで表5分、裏3分焼きます。両面焼きの場合は、5分で◎。

2: できた焼そら豆は、火傷に注意しながら莢から豆を取り出してあげましょう。味がついていないので、塩をつけながらいただきます。そら豆の皮はむいた方が食べやすいですが、皮もほどよく柔らかく蒸されていて、食べられます。